令和2年10月26日から高齢者以外の方にもインフルエンザワクチンの接種を始めています。
(令和2年10月26日~令和3年2月27日)

■高齢者のインフルエンザ予防接種について
65才以上または60-64才で以下の条件にあてはまる方には各市町村から補助金があります。宇部市では自己負担1,490円です。
宇部市に住民票があり、次に該当する接種希望者で、予防接種のことが理解でき、意思表示のできる人
1. 65歳以上の人
2. 宇部市に住民登録をしている60歳以上65歳未満の方であって、心臓、じん臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する者及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活のほとんど不可能な程度の障害を有する接種希望者。ただし、上記疾患の身体障害1級程度の医師の診断書又は上記疾患の身体障害1級の身体障害者手帳が必要です。
※山口市・防府市・山陽小野田市など県内他の市町村に住民票がある人はそれぞれの市町村で補助があります。
宇部市:令和2年度季節性インフルエンザ予防接種の実施について

小児(生後6か月から小学6年生)のインフルエンザ予防接種について
山口県では、新型コロナウイルス感染症及びインフルエンザの同時流行を極力抑え、医療機関の負担を軽減するため、インフルエンザの流行の主体である小児(生後6か月から小学6年生)を対象として、インフルエンザの予防接種を無料で実施します。
※本人の「山口県内に住所を有していること」及び「年齢が確認できるもの(母子健康手帳・健康保険証・福祉医療費受給者証など)」と「印鑑」が必要です。(印鑑はいわゆるシャチハタ印の様なゴム印は不可です)
山口県:インフルエンザ予防接種費用助成事業について
(PDF):山口県インフルエンザ予防接種費用助成事業

宇部市の中学生・高校生に対する令和2年度こどものインフルエンザ予防接種費用の一部助成について
令和2年10月1日から令和3年2月27日までの間に限り、宇部市に住民票のある中学生1年生から高校3年生年齢に相当する者のインフルエンザワクチン予防接種費用を助成します。(平成14年4月2日~平成20年4月1日生まれ)
※本人の宇部市民証明が出来る物(保険証など)と印鑑が必要です。(印鑑はいわゆるシャチハタ印の様なゴム印は不可です)
 接種日に健康保険証など宇部市に住民票があることを証明するものを提示し、指定医療機関に設置の「宇部市予防接種費用助成金交付申請書兼委任状」に記入・押印し提出してください。
※未成年の方は原則保護者の同伴が必要です。事前に予防接種費用助成金交付申請書兼委任状の申請者欄には保護者の記名が必要となります。
宇部市:令和2年度こどものインフルエンザ予防接種費用の一部助成

■上記以外の年齢の方(概ね19才~64才)
一回あたり3,500円で接種しています。
(令和2年10月26日~令和3年2月27日)
※ワクチンの在庫がなくなり次第終了します。

ワクチンのイメージです。

■ インフルエンザワクチン株
○2020/2021冬シーズン
A/Guangdong-Maonan (広東-茂南) /SWL1536 /2019 (CNIC-1909)(H1N1)
A/HongKong (香港) /2671/2019 (NIB-121)(H3N2)
B/Phuket (プーケット) /3073/2013 (山形系統)
B/Victoria (ビクトリア) /705/2018(BVR-11)(ビクトリア系統)
→ 令和2年度(2020/21シーズン)インフルエンザワクチン株の選定経過

24時間対応のネット予約・受付がお勧めです。電話で予約の場合は13時~16時の間にお願いします。0836-59-1173外来診療時間 9:00-11:45 [ 日・祝日除く ]
※土曜日は13:30-16:45も外来診療!

訪問診療についてのお問い合わせ